透かしパーツの使い方、アレンジ次第で個性輝く

アクセサリーの材料に
透かしパーツというものがあります。

透かし模様の入った金属の板

その形、大きさは様々で
数え切れないほどの種類があります。

 

アクセサリー作家養成講座
シャワー台オンライン講座

オリジナルアクセサリー教室
Beads.Michel(ビーズミシェル)
金田美里です。

 

様々な透かしパーツたち

レトロチック、レースのような模様
キレイ系なおしゃれ好きな女子は惹かれる金具アイテム♪

透かしパーツあれこれ

 

多くは、このように平らな板なのですが
リングになっているものがあったり

透かしパーツリング

 

透かしパーツリング

 

スカーフ留めもあります。

透かしパーツスカーフ

 

裏面

透かしパーツスカーフ裏

 

このままでも綺麗なので
何も手をかけずにアクセサリーに
取り入れても良いとは思いますが

 

この透かしパーツにビーズを入れると
さらに素敵になります。

 

アンティークなイメージになったり
エレガントさを強調させたり
高価なイメージも作れます。

 

但し、ちょっと問題が。。。

透かしパーツにビーズを留める作業は
難易度が高いのです。

 

それは、
透かし部分(穴が大きいため)
思うようなところにビーズが留められないからです。

 

テグスを通したところ↓

透かしとテグス

テグスが入っている穴でビーズを留めようと思う時、
留まる位置はテグスの流れにより
この穴の上側に行ったり下側に来たり・・・

 

ビーズアクセサリー制作の場合
1㎜位置が違えばビーズの表情が
とても変わってしまいます。

 

思うように作れない!という現象が起きてしまいます。

 

でも慣れれば、
こんなに楽しい素材はありません♪

 

■透かしパーツで作品を作る前に

いきなり初めて透かしパーツに
チャレンジするのは
少し大変かもしれません。

 

その前に「シャワー台」という金具で
ビーズを留めることに慣れると良いと思います。

シャワー台↓

シャワー台

 

シャワー台でしたら穴の大きさが均一で
透かしパーツよりもやり易いと思います。

シャワー台ってなに?と
思われる方はこちらの説明をご覧ください。

 

 

■透かしパーツのアレンジ

透かしパーツは、様々なアレンジが効きます!

例えば、この透かしパーツ

透かしパーツ

横長ですが、縦長にも使えます。

これにビーズを少し入れてみます。
透かしパーツビーズ入り

 

穴を利用してテグスでビーズを留めました。

このままの状態で
ネックレス・イヤーアクセサリー・ブレスなどに
アレンジできそうです!

 

さらにアレンジ!

同じ透かしパーツを使ったもので
ビーズをモリモリに入れたパターン

透かしパーツビーズ盛り

 

2つとも同じ透かしパーツを使い作りました。

元々はこちら

透かしパーツ

 

 

こんな裏技もできます♪

異なる透かしパーツ同士を重ねることで
さらにデザイン性が高まります!

透かしパーツ重ね

 

■透かしパーツのデザイン

私が透かしパーツをデザインする場合は、
大まかに使うビーズを決めておいて
穴をよく見ながら
ビーズを入れ、流れを作り仕上げます。

 

一度にピッタリと決めるというよりも
こんな感じかな?と入れてみて
調整しながら作るという感じです。

 

金属の下地が見えてもOK!

透かしパーツはそれだけで
デザイン性のあるものですから

ビーズで埋め尽くさなくても大丈夫!

自分のセンスで決め楽しめば良いのです。

 

 

★ーーーーーーーーーーーー★

シャワー台アクセサリーに特化した
シャワー台の技術が身に付き
アクセサリー作りがアップデートできる

「ファインアートアクセサリー・シャワー台オンライン講座」

★ーーーーーーーーーーーー★

シャワー台アクセサリーが基礎から学べ
アクセサリー販売も可能なテクニックが学べます。

オンライン講座の内容は↓↓

 

★お問い合わせ

ビーズミシェルお問い合わせ

 

オリジナルアクセサリーレッスン
ビーズミシェル
金田美里でした。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください