究極のオリジナルバッグ作家さんの売れる秘密をお聞きしました!

ゲストを交えて楽しかったインスタライブ

昨日の6日夜のスワロデコ作家のともちゃんとのコラボインスタライブは、ゲストに*PUKU*ゆうもさんにご参加頂いてとっても楽しかったですー!

ありがとうございました。

ゆうもさんと言えば、ご自身で描かれた可愛い動物の絵が紅茶染めしたシルクの生地に銅版画したものをバッグに必ず付けている。というのが大きな特徴です。

とても手間が掛かる作業で、銅版画とバッグを合わせるというアイディアがどうやって出きたのかなと思いお聞きしたのですが

今のスタイルに辿り着いたのには、ゆうもさんの好きなものと、イラストレーターをしていた時の苦労した経験がミックスされているようでした。

オリジナリティというのは、その人の人生の経験からも生み出されたものなのですね。

銅版画をモチーフにすることは3年の月日をかけて、バッグにしっくり合うものができあがったそうで、その長い年月をかけての取り組み、あきらめない気持ち、熱意とガッツを感じました。

その気持ちがあるから、こんなにも素晴らしい作品になっているのですね。

自分のこだわりだけでないお客様目線

「売れない作品は、ゴミみたいなもの・・・」と、ご自分の作品の事をおっしゃっていて、それにもとてもビックリしました。

作家なら、だれでも自分が作った作品には愛着があるもの。

ましてや、ゆうもさんの作品は銅版画を作るだけでもとても時間がかかるそうで・・・工房を借りての作業もあり、仕上がるのに1カ月位、時間をかけているのに、売れない作品にそんなことを言ってしまうなんてー

でも、そう話されるのには、作品はお客様に喜ばれ、使われて完成する。という想いがあるから。

オリジナリティを追及していくと、ややもするとマニアック過ぎてしまい売れない作品になってしまう危険性もあるのですが、ゆうもさんは、ご自身のこだわりと、お客様に喜ばれる作品と妥協点をしっかり見極めて制作されている。

自分に厳しいストイックさ、すてきです!

売れっこ作家になるポイントは、ここかなと思いました。

40~50分位のお時間、普段では聞けないゆうもさんの作品に対する想いを聞け、とても勉強になりました。

きっとこの配信を見ていたハンドメイド作家さん達に、引っかかるポイントがそれぞれあり、共感して頂き「自分も頑張ろう!」と力が湧いてきた人もいるのではないかなと思います。

録画をご視聴頂けます。

とっても話が濃かったインスタライブ。
リアルタイムで見れなかった方、IGTVで録画を見ることができます。

よろしければこちらからどうぞ
(時々スマホの”ピンポン”というお知らせ音が入ってしまっています。すみません)


次回のインスタライブは9月10日(木)21時~です。

テーマは

『ちょっと面白い変わったお道具のご紹介』

次回もゆうもさんにもご参加頂きますよ~
楽しみにしていて下さいね。

 

 

 

オリジナルアクセサリー教室
Beads.Michel(ビーズミシェル)
金田美里でした。

※日常のことアメブロに書いています。
https://ameblo.jp/kirakirakirakira0127

 

 

 

 

 

 

 

◎日 程

8月18日(火)13:30~

※日程リクエスト、ストアカから受け付けています。

¥2,200
※先着3名様 →5%OFF¥2,090

★講座詳細&申し込み

○ーーーーーーーーーーーー○

楽しみながら
アクセサリーの技術を高めていきましょう♪

お会いできますことを楽しみにしています(^^)/

 

 

キラッ★と差がつく作家への道
オリジナアクセサリー特別7日間無料動画講座
絶賛配信中♪

ご視聴にはご登録が必要です。
こちらから⇒★★★

まずはお試し視聴でどうぞ

 

 

■シャワー台オンラインコース10月よりスタートします!

オリジナルアクセサリー作家養成講座スタート!

■アクセサリーデザイン講座インプット講座レッスンレポート

■アクセサリーデザイン講座アウトプット講座レッスンレポート

*-*-**-*-**-*-*

※LINE会員様 募集しています♪
ビーズミシェルお得な情報をいち早く配信しています。

友だち追加   

または
@bey7220j ←を入れて検索

※登録されただけではお知らせが来ないため
スタンプ、コメントのどちらか入れて頂けると助かります。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください